なぜ仮想通貨は流出したのか?――コインチェック事件から学ぶセキュリティ対策【BCCC第8回リスク管理部会】
タグ ,

 4月25日、一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)によるリスク管理部会の第8回が開催された。今回のテーマは「ウェブセキュリティーの基礎と攻撃のトレンド」、講師は EGセキュアソリューションズ株式会社のセキュリティーエンジニアである細野英朋氏だ。細野氏はこれまでもIIJやJPCERT/CCでのキャリアがあり、インシデント対応支援、セキュリティ情報分析に従事してきたこの分野の専門家である。今回の会合では、一般に「安全」と信じられていた仮想通貨(暗号通貨)が、なぜこれほどまでに簡単に流出をしたのかという観点から、セキュリティ対策の基本的な考え方について解説した。以下では、その講演の概略を報告する。

続きを読む(参照先)
スポンサーリンク


関連する記事
仮想通貨Infoで検索してみる
コメント

コメントする

人気ランキング

もっと見る

参照先一覧

ピックアップ

ピックアップ記事一覧

スポンサーリンク


スポンサーリンク